気分がハイになっているのは躁状態かも【診断を難しくする一因】

サイトメニュー

受診が遅れると

カウンセリング

家族が入院させることも

双極性障害のうつ状態と躁状態では圧倒的に前者の期間が長く、また後者を自覚できる患者ばかりではありません。患者自身で受診するのはうつ状態にあるときが多いと言われますが、周囲が異常に感じるのは躁状態にあるときがほとんどです。どちらの状態も落ち着いている寛解期も現れることから治ったと勘違いしがちですが、双極性障害は完治するものではなく、病相を繰り返すと悪化する傾向にあります。発症当初はうつ状態が多いとされているので、抑うつ気分が続いている状態で早めに治療に取り掛かることが大切です。医療機関で使われる主な薬のリチウムは、どちらの状態も抑えられるのが特徴です。通常うつ病の治療に使われる抗うつ薬では却って躁状態を引き起こすといったケースがあるので、ほとんど使われません。双極性障害の原因は遺伝子によるものというのが一番有力で、うつ病などのようにストレスが主な原因となる精神障害とは少し分けて考える必要があります。医療機関では薬物療法の他に心理療法を実施して、患者に病気に対する心構えを学ばせます。患者本人にとって特に躁状態は意識しにくく、意識できても軽く考えがちです。でも躁状態のときにあった出来事などを日記などに記録しておくことで、客観的に症状を捉えられ、病気をコントロールしていく技術を身に付けていけます。コントロール力が付いていれば、次に病相が現れたときにすぐ受診して薬物療法を開始するなどして重症になるのを避けられます。双極性障害は治療を行わなければ社会生活が難しくなる病気ですから、家族も見守り適切な判断をしてあげたいところです。躁状態になっている患者自身は気分が良く高揚していて、何でもできるような気持ちで全く苦痛に感じませんが、周りにとって迷惑な行動になることもあります。さらに、暴言や暴力に発展してしまうケースも見られます。この場合は、早めに入院するなどして、早くに落ち着くことが大切です。しかし、患者自身はおかしいと感じていなかったり、感じていて入院が必要だと自覚していても考えが急変したりしてスムーズな入院が叶わないことも珍しくありません。こうした場合は家族が協力し合い、入院手続きを取るのが一般的です。患者自身の意思で入院する場合は本人が同意書にサインして手続きする任意入院となるものの、家族が手続きする場合は医療保護入院となります。医療保護入院は自傷他害の可能性が考えられる場合に取られる措置ですから、躁状態の患者にも有効です。目的は患者の保護と隔離なので、閉鎖病棟に入院することとなります。同意書へのサインは親権者か配偶者などが行います。入院時には、保険証と保護者等の印鑑、お小遣いなどが必要です。会社員の場合は健康組合から、自営業者などの場合は区役所などから限度額適用認定証を発行してもらうと、入院費に上限が設けられます。なお、精神障害の治療費を軽減してもらえる自立支援医療制度では、入院費を軽減することができません。もし強制的に入院させてしまっても、全員にとって最善策を取った、これ以上のことは難しかったと考えて、家族は自分自身を責めないようにしてください。患者が回復したら、支えてくれたことに対して感謝してくれるのではないでしょうか。