気分がハイになっているのは躁状態かも【診断を難しくする一因】

サイトメニュー

薬での治療が中心

ハート

躁と鬱を繰り返す

鬱病というと、気分が落ち込む状態、気力がわかない状態になるというイメージもありますが、逆に躁状態になってしまう人もあります。躁状態と鬱状態を繰り返す症状を双極性障害と呼びますが、躁状態のときは気分も明るく、爽快となり気分良く過ごせるので、本人も周囲も病気とは気づかないこともあります。とはいえ、躁状態も悪化してくると怒りっぽくなる、不自然にハイテンションになるなどの変化も出てきます。そして、躁状態はいつまでも続くのではなく、しばらくすると鬱の状態になり、交互に変化をくり返しますので、日常生活や仕事にも影響が出てしまう可能性もあります。軽い躁の状態の場合は、本人も気分よく過ごせますし、周囲とのトラブルに発展することも少ないので、治療を受けずに過ごしてしまう場合もあり、少しずつ悪化してしまう可能性もあります。本人に自覚がない場合は家族など周囲もその変化を注意深く見守ることも大事です。明らかにいつもとは違う言動や行動を行っている場合は早めに医療機関への相談を行いたいところです。穏やかな性格の人が突然攻撃的になる、日頃浪費をしない人がギャンブルや買い物で大金を使ってしまうなど明らかな変化が出た場合は双極性障害の症状である可能性があります。どんな病気も早期に発見、治療をすることで悪化を食い止めることができ、より早い回復も期待できます。双極性障害の場合も人により症状が違いますので、それぞれに合う適切な治療を行うことが大事です。治療は服薬を中心に行い、通院での治療となることが多くなっています。躁状態と鬱状態を繰り返す双極性障害になった場合も正しい治療を行うことで良い改善が期待できます。そして、こうした病気は再発もしやすい傾向にありますので、勝手な判断で治療を止めてしまわずに、処方された薬はきちんと飲むことも大事です。さらに生活の乱れも症状を悪くしてしまう場合もありますので、再発を防ぐためには規則正しい生活を続けることも大事です。治療は通院で行えることが多いですが、薬の調整が難しい病気でもありますので、薬での治療がうまくいかない場合や、症状がかなり悪化している場合は入院で集中的に治療を受けることも考えてみましょう。双極性障害も人それぞれ違いがあり、?型の場合は、入院を必要とするほど激しく躁状態と鬱状態を繰り返すことが多くなっています。治療薬は気分安定薬と呼ばれる薬が使われることが多いですが、心理的な治療も併用されることがあります。?型の場合は躁状態が軽く本人も気分よく過ごせることが多いので、病気であることを見落としてしまう可能性もあります。時には鬱状態にしか見えない場合もあり、診断が難しい傾向にあります。単極性のうつ病と双極性障害では使う薬も違いますので、正しい判断が必要となります。それゆえに本人だけではなく周囲もその変化を注意深く見守ることが大切ですし、正しい判断をしてもらうためには、医療機関選びはとても重要となります。診察や治療は心療内科や精神科で行われていますが、経験や実績の豊富な医師に対応してもらえるよう、病院やクリニックの評判は良く確かめておきましょう。